SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

alt属性(代替テキスト)はSEO対策として効果的なのか?

SEO対策としての効果はほぼない

先ほど別の内容を調べててalt属性(代替テキスト)のことについて出てきたページがあったので書きます。

初心者の方のために書きますとalt属性とはWEBサイト上の画像に設定する代替テキストのことなのですが、元々は画像などが正しく表示されない場合や、目が見えない見えにくい方は音声認識ソフトを使ってサイトを利用している場合がありますのでそのための説明となります。

 

例えば以下の写真

柴犬の写真

 

 

 

 

 

 

<img src="画像のurl" alt="柴犬の写真" />

といった感じでソースには記述していますが、al=””の部分がいわゆるalt属性=代替テキストということで、画像が非表示などの際の補完を行います。

 

 

で、なんで現状、SEO的に効果がないと言い切るかといいますと、答えは簡単です。

 

画像ばっかりにして、SEO的に狙ったキーワードを潜り込ませれば、実際に人間が見ている内容と、機械的に読み取る内容を真逆にすることが簡単だからです。結局、インターネット黎明期にあった文字色を背景と同色にして潜り込ませる方法と同じ手口になりますので、このあたりはgoogleさんたちはお見通しです。

 

だから効果はゼロとはいいませんが、alt属性を利用して検索順位を上げてやろうとしても無駄で、素人考えです。画像の内容とalt属性が一致しているかは、現状の技術では機械的に判断できませんので、本来の目的通りに使ったほうが賢明でしょう。SEO的キーワードを潜り込ませるのも多少はありかもしれませんが、将来的な技術革新によりスパム判定されて順位急落もあるかもしれませんし、最低限キーワード出現率に注意する必要もあります。

最近は画像検索なども発達していますので、alt属性は入れないよりは入れておいたほうがもちろんいいです。

またアクセシビリティという観点からは代替テキストは必須項目です。

 

 

最後にalt属性と代替テキストの読み方なんですが

おるとぞくせい と だいたいテキスト です

 

いまだにドヤ顔で”アルト”とか”だいがえ”とか言っているWEB関係者や企業の重役さんもいますので(マジです)、恥をかく前に覚えておきましょう。


タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)