SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

これをやるだけでブログが改善される4つのこと

昨日取り上げたもう一つのサイトのプチ炎上バブルですが、一日でPVが2000超えたものの、おかげ様で一日でバブルがはじけ、今日はあっさり500弱に落ちてきました。実はこれでも今までからすると倍ぐらいなのですが、よーくウェブマスターツールで調べてみると検索エンジンからの単独での流入は昨日だけで100(最近は大体50前後だった)はあったみたいで、SEO対策が徐々には聞き始めているみたいです(実はちょっと自信なくしてた)。

次の炎上商法を考えなあかんなと思いつつ、今回の記事はブログのちょっとしたやり方について気になることがあったので取り上げてみることにしました。

スポンサーリンク

人のブログを見ているともったいないなということがよくある

おそらくこのサイトについてはほとんどが僕も参加しているブログサークル関係からの閲覧だとは思うのですが、僕もこのブログサークルで応援クリックなども含めて、人のブログを楽しく読ませてもらったり、自分が全く知らないジャンルのブログで新たな知識を得られたして、かなり刺激を受けたリ参考になったりしています。ほんとメリットしかないですよね。

ただ、ブログサークル内のお友達ブロガーさんの記事をいいね!させてもらった時はまずほとんど記事を拝見させていただきランキングサイトのボタンなんかも押させてもらっているわけなんですが、僕がいうのもおこがましいぐらいかなりHTMLやSEOについて理解されている方もいれば、当然機械なんかにあまり強くないだろうというブロガーさんなんかもいらっしゃいます。

だからブログによっては、せっかくいい記事書いているのにホントこうしたらもっと検索でひかかってたくさんの人に見てもらえるのにもったいないなーとか感じることが多いんですよね。そこで今回は直接いうのはなんか偉そうなので、できればこうしたほうがもっといいですよということで、ちょっとした小技・知識みたいなものをアドバイスさせていただきます。

ちなみに僕はSEO対策については強いほうだと思いますが、アクセス集めるのは素人ですのでこのあたりは別のテクニックになります。あくまで思っていることを書きます。

ランキングサイトのリンクは新規ウインドウで開くべき

これはですね非常に多いです。クリックしたらそのブログからランキングサイトに直接変わるケース。僕も色々な自治体の県職員や市職員の方向けに講習をしてたことがありますが、この部分は割と口酸っぱく言ってました。

あまり意識されていない方が多いのですが、他のサイトへのリンクを設定する場合、自分のブログから離脱することに対してもうちょっと慎重になったほうがいいと思います。なぜならほとんどのユーザーは自分のブログのファンであるケースのほうが少ないからです。ランキングサイトに飛んでから戻るの面倒くさいなと思って去ってしまうことは僕でもたくさんあるので、ちょっとしたことですが気をつけたほうがいいでしょう。

詳しくない方のためにやり方をせつめいしておきますとaタグの一番うしろでもいいのでtarget=”_blank”を入れてください。(アンダーバーはお忘れなく)これだけです。この件はユーザビリティの問題ですね。

記事タイトルに日付や似たようなタイトルをつけない

これはSEO対策的な観点からなのですが、せっかく長いことブログを続けている方もいらっしゃるのに記事タイトルが日付や似たようなものをつけていらっしゃる方がいますが、非常にもったいなーとよく感じます。

もちろんクリックさせたくなるという観点からも改めたほうがいいのですが、例えば料理や食べ物系などのブログならタイトルは「料理名+レシピ」とか「アレンジ」とか「何々風」とか入れたリ、商品やお店を取り上げるのであれば「商品や店名+地名」や全く予想もつかないキーワード(例えば「○○を食べて俺は海賊王になる!」)とかをぶっこむことにより、他の記事との差別化も図れますし、検索エンジンからどういったブログか把握してもらいやすくなるはずです。また突拍子もないキーワードなどによりロングテールSEOの効果から、予想しない方面のユーザーを呼び込むことができるはずです。

日付は書き手にとっては覚書として重要な情報ですが、読み手にとっては全く重要でない情報でありそれだけでは分かりにくい情報です。それなら文中にとどめるべきであり、固有名詞などを入れたほうが効果的なわけです。

グランドナビゲーションはよく考えるべき

これもSEO対策のお話なんですが、もしからしたら無料ブログでは難しいかもしれませんがグランドメニュー(タイトルの下に並ぶようなメニュー)はかなり意識すべきです。なぜならこの部分は非常に重要だからです。この部分はあまりこのサイトでも語ることはなかったんですが、僕のSEO対策(内部対策)の真骨頂というか意識している(実験している)部分はここなんですよね。

よく考えてほしいんですが、このグランドナビですがいわば本の目次ですよね。恐らく全ページに表示されていますしタイトルの下にあります。検索エンジンが見逃すはずはありませんし、1位表示された会社なんかのサイトはサイトタイトルの他に4つぐらいメニュー出たりすることあると思いますが、大体このグランドナビの一部ですよね。だから非常に重要になってきます。

逆にこのグランドナビがないとどうなるか説明しておきますと、こういった場合例えば100の記事があるとして、サイト構造としてはトップページから各ページにリンクはあると思いますが、扱いとしてはあくまで同列になりますよね。これがグランドナビなりで重視したいカテゴリを持て来て、そこに一部の記事を紐づけていた場合どうなるかというと、人間が見てもその記事はブログとして押したい記事だということは分かりますし、検索エンジンからも重要な場所からリンクされている記事ということで、他の記事との差別化が行われます。簡単に言うとこのグランドナビを意識することで、ある程度記事どおしで差別化を図れるというわけなんです。

だから自分のブログでこのカテゴリやキーワードで押したいものがあれば、グランドナビに仕掛けを行えばいいわけです。

テキストを少しでもいいので入れるべき

ブログサークルなんかでは非常にきれいな写真を撮られて掲載されている方が非常にたくさんいらっしゃいます。ただ大体そういった方たちはテキスト量がすくなくもったいないという印象を受けます。

もしからしたら代替テキストを設定されているかもしれないし、一般的に2000文字程度がいいとされている文字量を最初から諦めている方もいらっしゃるかもしれないのですが、少しでもいいんです。例えば多摩川だったら多摩川とか、桜だったら桜の種類とかでいいんで固有名詞をぶっこむだけで、記事に色がつきますよね。100文字でも200文字でもいいのでちょっと少し書いてやることをしたほうがいいと思います。

 

以上ちょっと偉そうに書いてしまいましたが、いずれも折角面白い記事なのにもったいないと思うことがよくあるので取り上げてみました。

 


スポンサーサイト

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)