SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

リッチスニペットについて調べてたら、強調スニペットなんて物があったのね

強調スニペット

googleの検索結果がいつもと違う表示になっている

以前にも取り上げたリッチスニペット(パンくずリストの構造化マークアップ、リッチスニペット)なんですが、ここ一週間のgoogleウェブマスターツールの検索アナリティクスの結果を見てみると、このキーワードの検索結果における表示回数が4位と、下の画像の通り思いのほか上位に来ているのが分かります。

kensaku-doukoujpg

 

こんなことを調べているのは、どういったキーワードでこのサイトを上位表示できるのかその傾向を探るためなんですが、他の上位キーワードはほぼSEO絡みなんで、当然関連記事を少々投稿したところで、簡単に大きな順位上昇は見込めないのは、明らかですよね。(サイト全体で、「SEO対策」というキーワードを盛り込みまくってこの結果ですから)

それに対して「リッチススニペット」というキーワードに関しては、このワードでサイト内検索をかけてもらえれば分かりますが、このキーワードが登場する記事はたった3,4個。

それでいてこの1週間の平均掲載順位が36.9位ということは、このキーワードに関してはこのサイトが上位表示の素養があると、わたくしピーンときてしまったわけです。

そしていつものように上位表示のためのステルス(アリバイ)記事を書くため、下調べした結果が最初の画像なわけです。(前フリ長いな・・・)


 

googleさんによると

この結果について・・・と書いてあるのでクリックしてみると

検索結果での強調スニペット

ユーザーが Google 検索で質問すると、検索結果が強調スニペット ブロックとして検索結果ページの上部に表示される場合があります。この強調スニペットには、ウェブページから抽出された回答の概要と、ページへのリンク、ページタイトル、URL が含まれます。強調スニペットはページ上で次のように表示されます。

 

ほほぉ、「強調スニペット」というそうです

で、おそらく個人でどうこうできるわけないんだろうとは思いながら読み進めてみると

 

回答の概要はどこから生成されますか?
この概要は、プログラムでウェブページから抽出されたスニペットです。強調スニペットの特徴は、検索結果ページでユーザーの注目を集めるために強調されていることです。クエリが質問であると判断された場合は、ユーザーの質問に回答しているページがプログラムで検出され、検索結果に強調スニペットとして上位の検索結果が表示されます。

すべての検索結果と同様、強調スニペットは Google ではなくスニペットの抽出先のサイトの見解や意見を反映しています。Google では、最も役立つスニペットを検出できるよう機能の向上に取り組んでおりますので、表示される結果が随時変更される可能性があります。強調スニペットに関するフィードバックは、ボックスの下の [フィードバックを送信] から送信できます。

強調スニペットのオプトアウト
ページ上でタグを使用してページのスニペットを非表示にしておくと、強調スニペットからオプトアウトできます。これにより、通常の検索結果のスニペットを含むすべてのスニペットがページから削除されます。

自分のページを強調スニペットとして設定できますか?
ご自分のページを強調スニペットとして設定することはできません。Google では、ユーザーの質問に対する回答がページに含まれていることをプログラムで判断し、その結果を強調スニペットとして表示します。

 

ま、予想どおりですな(笑)

 

まとめると、つまりは、ユーザーの質問のような検索に対しては、googleが適切な回答だと判断するようなページだと強調スニペットにしてくれるわけですね。

恐らく要件としては、検索結果が1位にくるようにしなければいけないのは間違いはないとは思いますが、googleが質問と判断するという検索というのであれば、「○○とは?」というタイトルやライティングは、今後ねらい目かもしれないのかもしれませんね。

 

なるほどなるほどと、ちょっと勉強になった一日でありました。

とりあえず検索結果で1位を取らなあかんのですけどね・・・。


タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)