SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

GoogleAdSense 2クリック2円で緊急対策会議

アドセンス・アフィリエイトサイトの現状

今回はこのサイトではなく、アドセンスやアフィリエイトなどを目的にアクセスアップの実験用に作ったもうひとつのニュースサイトNEWS73(もはや自分の趣味に走るネタサイトにしています)の現状報告です。

現在こちらのサイトはドメインを取ってから約1か月なのですが、まずは最低限のSEO対策をしてからサイトのボリュームを増やすために1日に1個のペースで記事を追加しており(多分誰も見てないと思いますが、好きなネタしか取り上げてないので文章は進みまくって2000文字~3000文字のボリュームはどれもあります)、自分の分析的には土台はできたかなという出来ではあるのですが、現況検索エンジンからの評価はあまり高くありません。

上位表示されない時に確認すべき5つのこと

前回の記事でもテーマにした上位表示されない時に確認するというのは実はこのサイトがまだまだ思いのほか効果が出ないので、実は取り上げてみたんですよね。

この記事でも指摘していますが、肝心のサイトタイトルで1位に来ないので、まだできて1か月しか経っていないという原因は考えられますが、僕は本当のところ少し焦ってたりします。

が、これは時間が解決するかもしれないので、少し待ってみようと思います。

問題はそう、タイトルのとおいクリック単価が絶賛下落中でついに最低単位にまで落ちてるということなのです。(笑)


クリック数そのものはこのサイトの5倍

ニュースサイトのほうはですね、いつかの記事でもかきましたがうっかりモンスターストライクのモンスター名を誤爆するという天然ぶりで表示回数が小規模ながら爆発的に増えて、アクセス数はこのサイトを軽く3倍近くの数字を記録しました。(現在対象であったドラえもんコラボが終わって、元のミミズ状態に戻りました(笑))

当然ですねアドセンス広告もある程度クリックしてもらえてこのサイトの5倍のクリック数を記録してくれたのですが、収益額で見ると、なんとこのサイトと同じぐらいなんですよね。

ページビューも手軽に分かるのでウェブマスターツールやアナリティクスよりもアドセンスのほうを僕はよく見ているのですが、ニュースサイトのほうは最初のクリック単価が30円ぐらいだったんですよね。それがだんだんと10円台に落ちてきて、ここ一週間ぐらいは一桁もあるなと思ってたら、ついに昨日は

2クリックで2円(笑)

モンストコラボが終了したので、昨日は作ったばかりのときのアクセス数に激落ちしていたのですが、笑いました。

現在このニュースサイトのクリック単価は16円近くまで落ちています。

アドセンスのクリック単価が平均どれぐらいか調べてみても大体30円~40円というのはよく見るんですが、さすがにこれはヤバいですよね。絶対に何か問題があるはずですよね。

このサイト「柴犬使いのSEO対策術式」のほうはどれぐらいかというと、今月に関しては実は70円オーバー(なぜこんなに高いのか謎)なので差があり過ぎなんです。

 

AdSenseのクリック単価が低い理由を調べてみた

ということで、AdSenseに関してはまったく素人なので今回はその原因を調べてみることにしました。まだ対策をして検証し始めた段階なので、もし結果が出たらリポートはいずれさせてもらいたいと思います。AdSsenseについて解説しているサイトを見るとおおむね以下のようなことが可能性として書いていました。

1.自作自演クリック

これに関しては全くやっていません。昔ならキャッシュとかで判断したと思うのですが、現在はGoogleのアカウントなんかも完全に紐づいているで効果ないだろうし、ペナルティ喰らうのは目に見えてるので怖くてできません。

2.コンテンツの中身が不適切、薄っぺらい

こちらもですね、それぞれの記事はオリジナルで2000文字オーバー、多い記事は5000文字近くあるので大丈夫だとは自負しています。

3.広告ターゲットの問題

これは少しだけ思い当たります。アドセンス広告に関してはサイト運営者が恐らくコントロールできませんが、僕の感覚でもそのサイトを見ているユーザーが他にどういったページを見ていたかや、その広告に関連する広告が選択されていますよね。

今回ニュースサイトで圧倒的にアクセスを集めたのはモンストの記事なんですよね。つまり見てた人の年齢や趣味が間違いなく子供向け。ということは見られていた広告単価ももちろん低い。

原因は半分ここなような気がしますが、でも1クリック1円は・・・。

4.ペナルティ的なことを受けている

これはですね、ないと思っていたのですが、先ほどふとあることにきづきました。

それは、アドセンス広告とリンクの距離が少し近い記事があったということなんです。僕はフリー以外の画像を使用した場合できるだけ引用元をリンクをつけて表示をしているのですが、全体的に記事頭に画像→文章→引用元→1個目の広告。このパターンが比較的多いんですよね

どういうことかというと、ユーザーがリンク先をクリックしようとして画像をクリックしたと判断されたのではないか、もしくはそうさせるためにわざとそういったレイアウトにしていると判断されて単価が下げられているということです。

これはかなりあり得る話だと思うんですよね。性悪説でこのアドセンス広告を判断するなら絶対こういった手法は考えられるはずなんですよね。ということでこの4つ目がかなり怪しい可能性があります。

 



 

まだまだ推測の段階なのですが、アドセンスのクリック単価が低い方は一度広告とリンクテキストの距離が違過ぎないか確認してください。僕もあわてて対応をしているのですが、まだそうと決まったわけではないので有力な情報をお待ちしております。

こういったのはネットと言えども正解はないのでドンドン情報交換しましょう!


スポンサーサイト

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)