SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

hentryがらみのエラーをそろそろ消していく

hentryのエラー

ウェブマスターツールで膨大に増えていく構造化エラー

上の画像はご存知の方の多いかもしれませんが、googleウェブマスターツールのメニューの中にある「検索での見え方」という項目の構造化に関するエラーグラフです。
記事が徐々に増えていくのと同時に、エラーもどんどん増えていっていますね。そう、ねずみ算式に(笑)

構造化とは何かについては以前の記事(パンくずリストの構造化マークアップ、リッチスニペット)でも説明しているのでここでは省略させていただくとして、このエラーを把握している他の方も同様でしょうが、このまま見て見ぬふりをしておくのはさすがにちょっと気持ち悪いので、今回思い立ってこのエラーを消していくことにしました。



検索順位・結果に対する影響は現在のところない

この構造化のエラー、SEO対策的にどういった影響を及ぼすか気になる方もいらっしゃると思いますが、googleさんの公式アナウンスによると現時点(2017年現在)ではこの構造化エラーが順位の低下を招くとは言っていないのでひとまず安心しておいて構いません。

ただ、検索の順位が下がらないにしても、この構造化の目的が検索エンジン向けたサイト内のキーワードの説明や差別化にあることを考えると、この構造化が遠くない未来におそらくですが順位の上昇を招かないはずはないですよね。

アルゴリズムはどんどん変化し、進化していくものです。当然やらないよりはやったほうがいいはずなんで、一気に直していくことにしました。

 

そもそもhentryとは

microformatsという規格による記事に関するマークアップ

今回直すのはhentryに関するエラーです。

このhentyというのは、googleなどの検索エンジンで対応しているいくつかの規格(書き方)の中で、microfomats.orgによる記事に関する宣言みたいなものとなります。(ウェブマスターツールのエラーページの中でそれぞれどの規格か表示されていますね)

他の規格だと若干ややこしい記述をしないといけないんですが、このhentryについてはclass名に一言hentryと入れるだけで簡単にウェブマスターツールに認識しまうので、必須項目がマークアップされていないためエラーを指摘されてしまったわけです。

このhentyrなんですが、最近wordpressの多くのテンプレートファイル内で記事タイトル内のclass名の一つとして用いられることが多いような気がしますが、ほとんどの人はデフォルトで指定されているclass名なんで触らぬ神に祟りなしでノータッチだったと思います。僕も最初はHTML5の新しい記述なんかな?程度にしかとらえていませんでした。

しかしながら推測なんですが、このテンプレートが作られた段階では、テンプレート作った人もhentryに関する構造化は意識されていなかったのかもしれません。意識的だとすればその他のプロパティに関する記述が足りませんし・・・。

ただ、今後この構造化は間違いなく取り入れられて普及するはずなんで、新しいテンプレートはどんどん対応していき、今回のような作業は必要なくなるでしょう。ただ、マークアップの方法もどこか切り捨てられたり忘れ去られるような気もしなくもないけど・・・、

 

hentryに関するエラーの修正方法

「entry-title がありません」「updated がありません」「author がありません」

ウェブマスターツールのエラーのことろをクリックすると、すべてのhentryがらみのエラーページに対してこの3つの文言が羅列していると思います。

調べると分かりますが今回のhentryに関する構造化はパンくずリストの時と違い、マークアップの参照先やプロパティなどをいちいち書いていく必要がないので、対応そのものは簡単です。

まずhentryに関しても前述したように、hentryとクラス名に入れるだけで構造化の宣言みたいなものが始まります。そして肝心のプロパティも決まった書き方をspan classなどで指定してやれるだけで終了となるので、方法としてはかなり簡単です。

 

hentryのプロパティ

http://microformats.org/wikiより

hentry

  • entry-title. (記事のタイトル:必須項目
  • entry-content. (記事の内容)
  • entry-summary. (記事の概要)
  • updated. (記事の更新日:必須項目
  • published. (記事の投稿日)
  • author. (記事の著者:必須項目
  • bookmark . (リンクなど)
  • tags. (タグ名・カテゴリ名など)

今回エラーを吐き出しているのは、entry-title、updated、author。どうもこの3つが必須項目でエラーを吐き出しているので、authorとbookmarkなど以外はclasss名にそれぞれ指定できればハイ終了です。authorに関しては他のサイトではフッターなどでマークアップして、cssでdisplay:noneにして非表示にしている方もいましたが、若干この方法だと本来表示されるものを敢えて表示しないということなので、経験上SEO対策的にマイナスに近い匂いがするので、僕はとりあえずソースそのものから消してはいたのですが、今回は勉強も兼ねて表示してマークアップすることにしました。

あとはウェブマスターツールのメニュー上にも確認ツールがありすますので、そこで確認してからエラーのグラフが下降線を描くのを待ちましょう。

ま、published(投稿日)なんかは一緒に指定しておいて損はないですね。

 

※追記:bookmarkやtagはrelなどで指定する模様です

 



 

authorに関しての記述の仕方

authorについての指定は若干注意が必要です。

下記のようにvcard authorという名前で指定してやりfn(フィールドネーム?)で値を指定するやり方もあるみたいです。(class=”author”でも認識はされる模様です)

<span class="vcard author">投稿者:<span class="fn">Kishinoko</span></span>

 

hentryを使用した場合の記事の構造化記述例

<h1 class="hentry">記事のタイトル</h1>
<p>投稿日<span class="published">20xx年xx月xx日</span> 
更新日:<span class="updated">20xx年xx月xx日</span></p>
<span class="vcard author">投稿者:<span class="fn">Kishinoko</span></span>
<p class="entry-content">本文</p>
<p>タグ(関連キーワードなど):<a href="http://xxx" rel="tag">タグ名など</a></p>


以上の内容ですが、まだまだ完全に理解していないので間違っていたらご指摘いただければ幸いです。また間違いに気づき次第どんどん修正していきます。

 

参考にしたサイト

関連ページ


スポンサーサイト

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)