SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

特殊文字の入力方法

久々に柴犬サイトのほうのソースをいじっていたのですが、その際にコピーライトのマーク©がコピーアンドペーストしてもcとしか入力表示されません。環境依存文字なので当然なわけなんですが、こういったそのまま入力してしまうと正しく表示されなかったり、入力した文字をそのまま表示するタグなどを使用しても、phpのソースコードの一部と判断されてエラーを吐き出してしまうような特殊文字の入力方法をメモ書き程度に残しておきます。


特殊文字とは

ざっと思い浮かぶのは引用符やかぎ括弧、特殊文字などが特殊文字となります。

ようはPCのキーボードなどでシフトキーを押しながら押すことによって出てくるような記号系のものというと理解しやすいかもしれません。

例)” # $ % & ‘ ( ) < >

ただこういった特殊文字もWordPressなどのCMSなどを使うと、システムが自動的にサニタジングしてくれたりするケースもあるので意識しないかもしれませんが、ソースコードを表示したい場合などは不都合を起こす場合があったり、ソースコードに直書きしたときにうまく入力できない場合があります。

phpとjavascriptのソースコードを文中に入れる場合は変換が必須

このサイトのようにたまにhtmlなどのソースを記事に載せたい場合はpreタグを使ってやればそのまま表示してくれますが、これがphpやjavascriptなどの場合は元々サイトそのものがphpなどで記述されている以上、そちらのほうがまず優先されてしまいます。

その場合どうしたらいいかというと

 

専用サイトで変換

まず一番簡単な方法は専用サイトで表示したいソースコードを入力してしまえば簡単に変更が可能です。「特殊文字 変換」で検索してやればいくつでもそういったサイトは見つかるでしょう。

&lt;(<)と&gt;(>)を覚えておく

ただね、そこまでではないという場合もあるでしょう。僕もそうです。だから僕は上の二つしか覚えていません(笑)し、使いません。それでも中々覚えられない人は<と>を全角で入力するというのが回避策としてはありでしょうか。phpもjavascriptもかっこが前提なので、これだけでOKです。



コピーライトの特殊文字の入力方法

最後にコピーライトのマーク©ですが、これは&copy;と入力することで表示されます。

あとは覚える必要は全くないでしょうし、覚えている人も少ないでしょう。あとはその都度「目的の特殊記号 + 変換」なりで調べればいいだけです。

今回この内容は大したことないし、しょーもないことなので記事にしようか悩みましたが、「コピーライトマークの変換」なりで調べてパッとでなかったので、困っている人のために記事にしました。

まぁ上位表示されないと、ただの知ったかぶり記事になってしまうので、上位表示されるといいんですが、そういった変換を記事にしているサイトさんもうちょっと上位表示されるように頑張ってください。

パクってアクセス奪いますよ(笑)。


スポンサーサイト

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)