SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

ドメインオーソリティの上げ方

このサイトのドメインオーソリティとページオーソリティ

誰も解説してくれないので勝手に推測してみる

みなさんこんにちは

以前の記事(ドメインオーソリティ、ページオーソリティを上げる方法について調べてみたら)では、ドメインオーソリティやページオーソリティについてとりあげましたが、あれから何か月かたってこのサイトの同スコアもある程度上下したりして、何とくなくその仕組みも多少分かってきたので、今回はこのドメインオーソリティやページオーソリティについてどうしたら上がるか自分なりの考えを書いてみたいと思います。

あくまで推測ですので参考程度にしていただければと思います。


 

まず、ドメインオーソリティって何だ?て方もまだいるかもしれないので、そもそもドメインオーソリティって何かということを、以下に自分なりにまとめてみました。

ちょっと硬めの文章にしているのは

 

強調スニペット狙いです(笑)

 

 

ドメインオーソリティとは

ドメインオーソリティ(Domain Authority)とは、アメリカのWEBマーケティング・SEO対策企業であるMozが提唱する、WEBサイト(そのドメイン)が検索エンジンの検索結果に対して、どの程度権威性をもっているか、それぞれのキーワードに対して役に立つ答えを記している可能性がサイトであるかを表す、同社の評価基準によって算出された指標の1つ。かつてGoogleがドメインの評価の基準としており各サイトについて公開していたページランク(PageRank:現在は非公開)については内容は似ているが基本的に別物。

ドメインオーソリティのスコアについては、同社の提供するツール「Open Site Explorer」や「MozBar」などで調べられるが、その基準については、Googleのアルゴリズムを参考に150以上の項目などを評価して決定されており、最低値が0、最高が100で表されるが、あくまで検索エンジンそのものの評価スコアでないため、この数値が検索結果の順位決定が行われているのではなく、参考程度にすべき指標である。

 

ページオーソリティは外部リンクが影響している

ここからが実際の考察ですが、現況このサイトは一番上のアイキャッチ画像を見てもらえば分かりますが

 

ドメインオーソリティ:57
ページオーソリティ:33

 

となっています。

 

最高スコアはこのサイトを本格的に弄りだして1か月程度で58までは行きました(その時のページオーソリティは1)が、現況スコアは1下がって57となっています。

下がったことについてはまぁ誤差の範囲だろうなという感じなんですが、ページオーソリティの上昇に関しては依然とハッキリ違ったことがあって、それは外部リンクの数と質です。

 

前回は、自分が過去に作ったサイトやブログから試しにリンクを貼ってみた、いわゆる自作自演リンクのみだったんですが、現在はだれかがこのサイトをピックして作ったNAVERまとめのページや、ブログのランキングサイトやある程度ドメインオーソリティの高いサイトのリンクが何本かありリンクされてます。

このようなことから、おそらくですが影響力のあるドメインオーソリティの高いサイトからの外部リンクが、ページオーソリティの上昇を招いていると考えて間違いないと思います。

また、ページオーソリティに関しては官公庁や有名なサイトのページオーソリティの高いサイトの共通項目として、ドメインオーソリティの高いサイトからのリンクが多数見られましたし、ページオーソリティが70程度を超えてくるようなサイトはそのリンクの数も数千、下手をすると万を超えるサイトもあり、ページオーソリティと外部リンクはやはり密接な関係にあると予想できます。

 

ドメインオーソリティは内部SEO対策のみで50は簡単に行く

次はいよいよタイトルどおりドメインオーソリティの上げ方ですが

 

具体的な方法(これをやれば劇的に上がるという方法)はありません
(何じゃそりゃ)

 

ここまで読んでいただいた方には奈落の底に落とすような結論ですが、基本的な準備と地道なコンテンツ作りがドメインオーソリティの積み上げに必要かと思います。ただ、逆の言い方をすればそれだけでドメインオーソリティは上げることができます。

 

それはなぜか?

 

このサイトが内部対策のみでドメインオーソリティで56、またマイナーなキーワードながら「愛媛 SEO対策」といったキーワードで1位にもってくることができているからです。

 

7、8年前の外部リンクの量が検索結果のすべてを決めてしまう時代であれば、このような個人のサイトはお金をかけなけば上位表示はほぼ不可能でしたが、googleのパンダアップデートやペンギンアップデートにより、今は個人でも戦える時代になってきているのです。

 

基本的な準備

では、ドメインオーソリティを上げるため基本的な準備とは何かというと、他のページでもまとめていますが

  • 独自のドメインを使用する
  • wordpressなどのSEO対策が意識しなくてもできるCMSを使ってサイトを作る
  • 検索エンジン用のサイトマップを作る
  • 各種ウェブマスターツールにサイトとサイトマップを登録
  • パンくずリストやカテゴリなどを使って、それぞれの記事を枝分かれさせ親子関係を機械にも判断できるよう明示的にする

 

僕がやっているいつもサイトを作るうえでの基本的な準備に関しては、以上のようなことぐらいしかやってません。

ただ、これだけではあるキーワードでは検索にひかかるようになるものの、おそらくドメインオーソリティは1のままです。

 

地道なコンテンツ作り

上記の準備だけではドメインオーソリティは1のままですが、以下のことをやると一気に50に跳ね上がります。

  • ある程度の文字数(せめて1000文字はほしい)のオリジナル記事を30程度投稿して、サイトのボリュームを出す。
  • とにかく毎日記事の追加をする必要はないが、1か月程度はどこかしらのページの更新を行い、検索エンジンに対して生きているサイトであるということを認識させる。
  • マイナーなキーワードでもいいので上位表示させるようなコンテンツを作り、最初はその記事をバックアップするような内部リンクの包囲網や、重点的な記事修正を行ったり関連するような別の記事を作るなど、検索エンジンにとってとりあえず何か光る部分を作る。

 

以上言うは易しというような方法ばかりなんですが、まとめると

 

いかにサイトボリュームを増やしつつ、検索エンジンに媚びるようなサイトにして、スターを作り上げる(何でもいいので上位表示されるような記事を作る)ことがポイントかと思います。

 

 

上記の内容を裏付ける結果として僕が以前紹介した、別の柴犬のサイトですが方向性を見失って記事を10個も作らずに止めているサイトはあるビックキーワードで50位程度には来るもののドメインオーソリティは1のままです。

 

ドメインオーソリティが1でも50位にくるのが面白くも興味深いところですが、何はともあれ自分の言葉で誰か一人でもいいので役に立つような記事を書き続ければ、おのずとドメインオーソリティーもあがり、その先に華やかな結果も見えてくることでしょう。

 

ま、一行で言ってしまうと

 

 

ズルしてもダメよ

 

 

つーことですね

 

地道な積み重ねとオリジナル記事によるコンテンツ作り、内部SEO対策こそがドメインオーソリティの上昇につながると思います。


 

ドメインオーソリティのスコアが絶対ではない

最後に、ドメインオーソリティに関してはまだまだ分析中ですが、面白いデータがあります。

例えば、愛媛県(愛媛県庁)などの官公庁サイトは権威性で言えば抜群で、色々なキーワードで上位表示もされ、いかさまなしに信用できるサイトであり権威性(ドメインオーソリティ)で言えば、ほぼパーフェクトなんじゃないかと思いますが、そのスコアは70ちょいなんですよね。

だからやはり、ドメインオーソリティが高ければ上位表示されるわけではないということがよく分かります。

 

また、ご存知の方もいるかもしれませんが、ドラマなんかのレビューサイトで有名で僕もお気に入りの「どらまちゃんねる」さんですが、こちらのサイトは「ドラマ レビュー」という2200万件HITしてくるビックキーワードで1位にくるような素人さんが作ったサイトながらお化けサイトなんですが2017年1月24日現在

 

ドメインオーソリティ:55
ページオーソリティ:44

 

となっており、アレ?といった内容になっています。

 

また、興味深い結果としてこのサイトにリンクしているとあるブログ(企業のブログサービス)のドメインオーソリティはなんと90ですが、このサイトのタイトルに入っているキーワードで検索をかけてやっても50位以内には入っていません。

 

このようにドメインオーソリティについてまとめたところに書きましたが、あくまでドメインオーソリティやページオーソリティはgoogleのアルゴリズムを参考にしたあくまで指標であり、そのスコアが検索結果に直結するわけではないということが言えます。

ただ、上位表示されているサイトを色々調べてみると、ドメインオーソリティは少なくとも50程度あることは共通していますので、まだまだ自分のサイトが上位表示されないとお悩みの方は、とりあえずドメインオーソリティが50を超えるように目指すことがいいと思います。

 

 

「どらまちゃんねる」さんが上位表示されている理由ですが、それは恐らくなんですがトラフィックやブックマークの数なんかが影響しているのではないでしょうか。他に理由がないので、このサイトのドメインオーソリティなんかを調べてみてあらためてそう思いましたね。

 

久々に気合入れて書いた記事(というのは嘘で、グダグダ書いてたら結果的に長くなった)なので、なるほどなと思ったら下のSNSボタンをどれかポチと押してあげてください(笑)


タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)