SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

SEO対策で被リンクは有効なのか?

もはやただ外部リンクを集めればいい時代ではない

昔話をさせてもらうと、一昔前はホームページを作ったら検索エンジンに上位表示するためにはまずはどうするかというと主流なのはとりあえずディレクトリサイトに登録するというのがメジャーな方法でした。(あとmetaキーワードなんかの設定など)。

だから数こそ正義の時代でSEO対策の業者もそういったところばかりでした。

現在、SEO対策の方法・優先すべきことも少しづつ変わってきて、色々な方法・項目があるもののそのすべてを行うのはよほど最初のサイト設計の段階から意識してないと難しいと思います。

そこで今回は、昔からよく知られている外部リンクを集めるということについて少し考えてみたいと思います。


 

検索エンジンは何を求めているか

昔はサイトにお金をかけられる場合、リンクを買うという感じで、専門業者に依頼すれば数日で数千のリンクを集め、簡単にその効果を実証することができました。

しかしながらそういった業者や方法が横行しまうと、肝心のエンドユーザーがほしい情報がダイレクトに表示されることが少なくなり、ユーザーにとっては

 

ほしい情報が得られない

この検索エンジン使えねー

よその検索エンジンに行く

 

となってしまい、ユーザーにとってもgoogleさん達検索エンジンサイドにとっても、ロクな結果とならないため、様々なアルゴリズム変更により、現在ではこの方法は有効ではなく、過剰なリンク集めは逆にマイナスどころか、SEOスパムと認識され下手をすると検索結果に表示されなくなると言われています。

 

そこでこういった問題なんですが、正解は何かということになりますが、

 

 

 

Googleさんの人しか正直分かりません(笑)

 

SEO業者さんやホームページ制作会社さんも口頭で偉そうに説明したり、書籍とかででたりしてますが、SEOについて意識の高い専門家さん達の言ってることは核心には近づいてはいるものの、googleさんが公式発表しない限り、それが完全正解かと言うとそうでもないわけです。

 

公式発表しちゃうと、また極端なことをする人が出てきて、前と同じことになっちゃいますもんね。偉そうに言ってる人たちや僕の言ってることも結局は、googleさんの専門化が動画で語っている内容をフィードバックしたり、実際に対策してみた結果を分析して上での、大半が予想な訳なんです。

 

だからドヤ顔で言ってる人ほど信じてはいけません。僕のように申し訳なさそうに言うのが本当は正解です(笑)

 

 

 

 

ででで

 

 

正解は結局ブラックボックスの中にあるわけで分からない訳ですが、ある程度予想するのは簡単です。

 

それは何か?

 

ユーザーがほしい情報が正しく表示されるかどうか?

 

この一点のみです。

googleさん達の考えは。当たり前ですが基本はここだと思うんですよね。だからそこから逆算しながら考えていきます。

 

 

ゴミのようなリンクを沢山集めても意味はない

外部リンクの数は当然多いほうがいいし、みんなが注目しているサイトの可能性は高いと思います。ただ以前のように検索エンジンが出し抜かれる可能性があるし、ブログの記事ばかりが上位にこられてもこまる。

となると

同一ドメインやデータの場所などから判断してリンクのカウント上はほぼひとくくりにしているはずで、多いにこしたことはないはずだが、機械的な判断だけでは難しいところなので、それほどリンクの数そのものは重要ではない気がします。全く関連性のないサイトの場合、高い出現率のキーワードの共通性が 判断基準として紐付けされていると思いますので逆にマイナス評価を受けている可能性もありますね。

 

外部リンクの数より質が重要

1000のブログのリンクよりもYahooのリンクのほうが強い

単純に考えて外部リンクの数より質だと思います。1000のゴミサイトのリンクなんかよりも1つの有名サイトからのリンクの圧勝でしょう。

ただ、ユーザーにいかにいい検索結果を提供するか考えた場合、昔から言われているようなページランク(今は公表されていません)やドメインオーソリティの高いサイトからのリンクがいいかというと、そうでもないんじゃないかと最近思います。

何故かというと、yahooのようなかねてよりページランクも高くとても有名サイトありますけど、情報の内容を考えた場合、ニュースサイトという属性を考えると、情報はどんどん更新されてページはどんどん増えますよね。半永久的にリンクはもらえてても、そういった一過性の高いサイトからのリンクを重要視しすぎてもだめだと思うんです。だから検索エンジンは、単純にページランクだけを見てはいない気がします。

おそらくですが、これぐらいのサイトになるとトップページからの階層構造なんか関係してるんじゃないでしょうか。

またページランクの高いサイトからリンクをもらう方法としてお金払ってディレクトリ登録などの方法がありますが、これも効果はあるとは思いますが、やる側の狙いははっきりしているので、絶対的な評価基準にはなってはいないと思いますね。あと、他の国のサイトからのリンクよりも同じ国のリンクのほうが間違いない情報であるし、検索エンジンをだましている可能性も低いのでこのあたりの判断基準もあるんじゃないでしょうか。

どのサイトのどこから外部リンクをもらっているか、ここが重要でしょう。

 

ドメインの強さも重要だが、公共性の高いサイトのリンクに間違いはない

で、ここからは経験に基づくことなんですが、役所とか官公庁からのリンク、これは実に強い気がします。

 

役所のサイトって地名で検索した場合、まず最初に来ますよね?それはなぜかというと、検索結果としてはまぁ間違いないわけですからね。いかに役所のサイトがチープなつくりで何にもSEO対策してなくても、組織としての信頼度は抜群、サイトの内容は度外視で検索エンジン的には一発OKなんでしょう。

僕は不動産業もしているわけなんですが、自分ところの不動産屋さんのサイトはかなりの上位にきます。別の地域の狙ったキーワード検索でも1ページ目にガツンとくるわけなんですが、実はサイトそのものにそんなに力は注いでないし、たいしたことはしてないんです。某SEOTOOLサイトでライバルサイト同士のSEO対策内容を比較できたりするんですが、恐らくここではそのマジックは分かりません。

 

なぜ上位にくるか?それは役所のサイトからの一本のリンクだけなんです。

それしか思い当たる節がないんですよね。役所のバナー広告はほとんど一時的な広告目的がほとんどなんでしょうが、実は長期的な目線で僕はかなーーーーーり目をつけてて、分析中です。

 

 

そんなかんなでなんですけど、結論付けると被リンクはいかに自然に、公共性の高いところから数を受けるかなんだと思います。

結局コツコツとやりながら、検索エンジンを変な意味でだましたりしないようにするのが、アルゴリズムが多少変更されてもどしっとしてられるSEO対策だと思います。

最強はやはり意図した外部リンクよりも意図しない外部リンクですね。


スポンサーサイト

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)