SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

SEO対策にリライト(追記・訂正)は有効なのか?

PCで入力

リライト=過去の記事の追記や訂正

今回はブログなど日々更新したり、ホームページを作成して検索順位チェックツールやWEBマスターツールと毎日睨めっこしている人なら一度は聞いたことがあるであろう、リライトについて書いていきたいと思います。

リライトというと、まとめサイトなどのキュレーションサイトなどに、一般のブログから一部の文章を引用してきて、自分なりにリメイクして書いたりする意味でリライトと表現されることもありますが、この記事ではあくまで以前投稿した自分の記事の追記や訂正という意味でのリライトについて書いていきます。

また、今回はは具体的な検証結果(データとして比較するのが中々難しい)を載せたものではありません。あくまで経験則としてリライトは効果あるのか、検索エンジンのアルゴリズムからひも解いてきっとこうだ!という観点から述べさせていただきたいと思います。

あくまで個人的な予想なので、大嘘言ってたらすみません。個人的な考えとしてとらえてください。



 

速効性はないが足場固めにはもってこい

まずリライトなのですが、過去の記事の追記や訂正にも色々な種類のものが含まれます。

例えば

  • 誤字・脱字の訂正
  • 文章の追加による記事クオリティの向上
  • 画像の追加による読みやすさの向上
  • タイトルや見出しなどの文言の変更など検索エンジンに向けたブラッシュアップ
  • すでに投稿している記事へのリンクの追加などによる内部リンクの強化

他にも色々あるかもしれませんが、とりあえず上記のようなことが思い当たりますよね。

僕なんかの場合、過去に投稿した記事の訂正なんかはしょっちゅうやっているのですが、実はSEO対策のためというよりも、自分の拙い日本語の文章が初日の投稿の段階ではいくら校正しても、読み直すと破たんギリギリ・なんか文章としてのオチがないので恥ずかしくてこのままではイカン!ということでやってたりするんですがね(笑)

 

早く順位を上げたいのなら別の記事を作ったほうがよい

話はそれましたが、上にあげたようなリライトなんですが、経験上すぐには効果がでませんね。と、言うか少しぐらい中身の修正やキーワードを入れたところで爆発的に上がったという経験はありません。おそらく試した方も多数いらっしゃると思いますが同じような意見だと思います。

テクニック的にいうと検索結果に対して速効性をだすなら、似たようなテーマで新たな内容の記事を作ったり、元々の記事の続きになるような記事をつくってリンクなどで二つの記事の相互性を高めたほうが効果は高い気がします。

ただこの方法だと理由は下に書きますが、すぐにある程度の検索結果の順位は上がると思いますが、下がるのも早いような気がします。

 

古い情報と新しい情報のどちらが信用できるか?

一つの記事をリライトした場合と、元々あった記事をリライトせずに同じボリューム・同じテーマで新しく記事を作った場合、短い観点からは後者のほうが有効でしょう。

ただし、一つの記事をブラッシュアップし続けた場合その記事はとてつもなく中身の詰まった内容となり、基本に乗っ取ったSEO対策さえしておけば徐々に検索エンジンに評価され順位は上がり続けるはずです。これはGoogleなんかが口酸っぱく言っているオリジナルであり有益なコンテンツであるから間違いありません。

また、もう一つの比較対象として、かつてその記事よりも検索結果がよりわずかに上位にあった記事があったとします。そしてその検索結果が数か月、もしくは数年経ったあと同じキーワードで検索が行われた場合、リライトが行われずに上位にあった記事と、リライトをし続けてその時期やトレンドに合わせた内容に修正された記事を比べた場合、どちらがユーザーの検索の要求に対して有益な答えを出している記事かは一目瞭然でしょう。

検索アルゴリズムの変更と同じように時代の流れやトレンドも変化します。「流行り ファッション」なんかのキーワードで考えたら分かりやすいですよね。同じような検索アルゴリズムに評価されているサイトどおしなら、最近更新されている記事のほうが、間違いないというのは誰が考えてもそうなるはずです。

 



結局のところコンテンツの充実につながる

以上のような理由からリライトは間違いなく効果的であるというのが僕の推測です。

また、リライトの効果としては検索エンジンからの評価の他にも、読みやすさやそのサイトそのものの面白さにつながり、そのサイトのファンの増加につながることも間違いありません。たかだか文字の訂正だけでも構いませんので、常に自分の書いた記事をドンドン見直していくことは決してマイナスではないでよう。

最後に、速効性をだすのは似たようなテーマで新しく記事を書くのも一つの手だと書きましたが、一番いいのはやはり一つの記事をリライトし続けるよりも、似たようなテーマで新しく記事を投稿し、その記事どおしをリンクなどで結びつけながら、両方の記事をリライトするのが最強の方法だと思います。

まずはウェブマスターツールなどで検索順位をみながら、表示回数の多い検索キーワードを以上のような方法で強化していくのがドメインオーソリティの向上などにつながるのではないかと結論づけさせていただきます。

 

うーん最後は集中力切れて支離滅裂ですね。こういったのをおいおいリライトしていくわけです(笑)


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)