SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

キーワード出現率によるSEO対策の効果

キーワード出現率? そんなもん気にしなくていい

SEO対策に少しでも興味のある方ならご存知でしょうが、ちょっと前までは、SEO対策における一つの要素として「キーワード出現率の調整」が有効だと言われてました。


一般的には「5%程度がいい」と言われてましたし、SEOTOOLなどのチェックサイトでも出現率が5%を超えると少し減らしたほうがいいとアドバイスが出たりしてましたが、(ところでこのSEOTOOLのサイトなんですが、最近死んでるというか昔のアルゴリズムのままのような気がしますね。)

 

ハッキリ言ってキーワード出現率なんて気にする必要ほとんどありません

 

ということで、今回はキーワード出現率について語ってみたいと思います。

何回出現するかより、どこで出てくるかが重要

そもそもなぜキーワード出現率が重要だったかというと、googleの検索エンジンがアホ(となると、他の検索エンジンはもっと酷いと言えるかもしれません)だったせいもありますが、

  1. (ユーザー)探したいキーワードを入力する
  2. (検索エンジン)そのキーワードがたくさん使われているサイトを探す
  3. (SEO対策する人)たくさんそのキーワードを使う。
  4. (SEO対策する人)あまりにも露骨だと変なので、画像のalt属性なんかに盛り込む
  5. (検索エンジン)馬鹿みたいな対策する人がいるので、出現率に5%程度という目安を設ける
  6. (SEO対策する人)じゃぁ出現率調整して、ひっそり調整する
  7. (ユーザー)ちっとも目的のサイトに辿り着けない
  8. (検索エンジン)出現率なんてどうでもいい。馬鹿だけ取り締まろう

 

と、いうのが一連の流れでしょうか?

まぁ、つまりは何事にも楽してやり過ぎる馬鹿がいるのでgoogleさんも、イタチごっこで対策してるでしょうが、何事もやり過ぎはよくないということです。

先ほどキーワード出現率なんてほとんど気にする必要はないという言い方をしたのも、出現しすぎる場合は注意したほうがいいということです。

極端なキーワードの出現は恐らくスパムの判定を受けますが、普通に文章を書いていれば、勝手に出現率は落ちていきますので、正攻法で更新している方は気にする必要はありません。

 

また、出現率を調べて狙ったキーワードが上位に来ているか?というサイトもありますが、僕はそこには否定的です。おそらくgoogleなどの検索エンジンは登場するキーワードの場所についてスコアを持たせていると予想しています。

 

見出しタグ内やリンクされているキーワードは重要でないはずがない

そのキーワードのスコアですが、あくまで個人的には

  • 見出しタグ(もちろん見出しレベルは高いほうがいい)
  • リンクテキスト
  • 文章内で早く登場しているキーワード
  • 強調タグ・フォントが大きくなっているキーワード
  • 日・月・年や投稿、更新といったどこのサイトにも出てきそうなキーワードはほぼノーカウント

以上のようになっているのではないかと推測しています。

 

そのような加点方式に加えて、不自然に連続して見出しタグで登場しているようなキーワードはマイナス評価したり、「SEO対策」であれば「上位表示」や「検索順位」といった関連キーワードは直接そのキーワードが使われていなくても、関連キーワードの出現で加点評価されているような気もします

 

あまり気にされた方もいないと思いますが、僕は見出しなどでできるだけ同じキーワードが3連続で登場しないようにしたり、言い回しを変えたりして、読み手にギリギリ違和感を感じさせないように配慮しつつ、検索エンジンに不自然ととられないように気はつけてはいます。

 

ここまでくると少しWEBライティングのテクニックになってきますが、アルゴリズムの変更でビクともしないSEO対策で一番重要なことは、色々なSEO対策について書いているサイトのいうことを参考にしたり、そういった本を読むことも重要ですが、googleのアルゴリズムを自分ならどうするか考えることだと思います。




上に書いた内容は他のサイトと若干かぶったり、間違ったことを書いている可能性もありますが、自分が検索エンジンのアルゴリズムをアップデートするならどうするか考えながらこのサイトでひっそり実験しながら得たノウハウです。

若い世代の方は他の真似をするのもいいことですが、他と同じことをやっても上にはいけませんので、たまには考えることをしてみてもいいのではないでしょうか?

 

 

 

説教臭いな(笑)

 


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)