SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

SEO対策の実験がてらにサイトを10日程度放置してみた

更新しないと順位は下がる?

みなさんこんにちは

遊び(趣味)でやっている副業のプリンターの販売が、掻き入れ時のせいかわたくしの意志に反して(もうちっとマッタリとやりたい)ガンガンシフトを入れられ、忙しい・足痛い・ストレス(駆け引き感満載の値引き交渉)たまる三重苦の柴犬使いです。

最近プリンタ比較サイトでも作っていればアフィリエイト的に多少儲けられたんでない?と思ってしまった今日この頃なんですが、身バレも若干嫌(別に構わんのだが)だし、少し手遅れ感もあるのでまた来年カナーと思ってたりしますが、一生やらんのかな?(笑)

と、どうでもいい前置きはこの辺にして置き、今回は実験という大義名分という言い訳の元、10日ばかりこのサイトを放置してみましたが、どうなったかを報告してみたいと思います。

 



 

わたくしのSEO対策理論的には、

サイトは更新してナンボ、検索エンジンは死んでいるサイトよりも、生きている(更新されている)サイトを評価するはず

 

と、いうことで、どの程度順位低下が見られるか調べてみました。

 

 

結果

 

上の画像を見ていただくと分かりますが、表示回数微増、クリック数変化なし

ということで、ほぼ変化がないことが分かりました。

尚且つ

もっとつっこんで調べた結果

 

 

長いこと2位のまま甘んじてきた「unsecapp.exe」というキーワードで見事1位に躍り出ることができました。

何故に・・・という気がしますが、結論としてはある程度ステータスの固まっているサイトでは10日程度放置したところで大勢に影響はないということです。

半年ぐらい放置してみたいけど、それは怖くてできません・・・。

さらに更新頻度を下げてみた結果(追記)

年始も忙しくてこのサイトをほとんど弄るヒマがなかったんですが、年が明けて半月で一件しか記事を投稿しなかった結果、強いキーワードに対する目立った順位低下は見られなかったものの、検索結果の表示回数が目に見えて下がってきました。

おそらく、検索エンジンに対して安定していないキーワードの対する影響力が低下したことが予想されますが、やはりロングテールSEOなんかを考えると一週間に一件程度の記事追加は必要なのではないでしょうか、と結論づけておきます。


スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)