SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

NEWS73:2017年10月度のPV結果&収益

月始めのブログ(NEWS73)の先月の運営状況の報告記事になります。

毎度のごとく公開するほどアクセスがあるわけではなく、多少の恥ずかしさはありますが、どの程度の記事をかけばどれぐらいのアクセスがあるか、また稼げるかの参考にしていただければと思います。

〔toc〕

10月のNEWS73のアクセス数と収益

早速ですが、先月のNEWS73のアクセス数(PV)は約33,802PV(セッションは約28,000で平均PVは1.20)で、アドセンスの収益は5,000円ちょいで久しぶりに換金額に届きませんでした。

先月のアクセスが約41,000だったので約20%減になります。

これまでのアクセス数の推移(ブログの本格稼働は2月末より)

4月:7,098PV
5月:45,563PV
6月:33,938PV
7月:21,089PV
8月:38,406PV
9月:41,731PV

流入経路

集客割合ですが、セッションベースではなんと87%と相変わらず検索エンジンにほとんど頼っている状況です。ま、このブログではあくまでSEO対策についてウンチクを垂れているので、とりあえず面目躍如といったところでしょうか。

ちなみにブログ開始時のリンク欲しさに貼っているランキングサイトからの流入は2つ足して36でしたが、なんとブログ仲間の梅木官兵衛さんのサイトからより少ないという笑える結果でした。(そろそろランキングサイトのバナーを外そうかと検討中です(笑)が官兵衛さんありがとうございます)

あと約2,500程度のダイレクトでの流入がありますが、これはお気に入りに入れてくれている方からの流入と、アプリ経由での流入と、2つの可能性がありますが、ほとんど後者なのではないかと推測しています。

10月のアクセス状況を見た感想

Googleの規約によりグラフなどの詳しいデータの公開はできませんが、10月はほぼ横ばい(敢えて言うと後半にじわじわと上がっていくかんじでした)といった形のアクセス状況であり、極端に少ない日や多い日もなくほとんど滑らかなグラフを描いていました。

一度だけ一日のアクセスが680PVという日がありましたが、後半は競馬記事のゴリ押し(10月の投稿記事19個中11個が競馬ネタ)もあってかほぼ1000pVを確保できたところは良かったと思います。ちなみに一番多い日でも1,800PVだったので、いかに平穏な月だったかが分かると思います。

ただ、反省点としては競馬のきじばっかり並べてしまったところですね。

どうしてもGⅠシリーズが始まってしまうと、これまでの流れ上取り扱わないわけにはいかなかったんですが、このジャンルのもろ刃の剣として記事がゴリゴリに長くなるという弱点があり、他のジャンルの記事が欠けなくなります。

あっさりとした予想記事に終わらせればいいじゃんという意見もあるでしょうが、こういう時に限ってA型の血が騒いでしまうのが僕のダメなところですね。天皇賞・秋の記事なんかは調子に乗って更新しまくっていたら最終的に文字数が1万3000まで行っていました(笑)。

まぁ最終的にこの記事は約3,000PV近く集めてくれたのでよかったんですが、ブログ運営としてはもうちょっと割り切りが大切ですね。

10月の人気記事トップ5

1位:「MF GHOST」に関する記事(ジャンル:マンガ)

しげの秀一 新連載「MF GHOST」がいよいよスタート!

9月のエース記事にもなりますが、引き続きアクセスを集めてくれて約5,000のPVがありました。

ただ、記事作成当初は1位だった検索順位も最近は公式サイトや公式Twitterに押されて(当たり前かw)若干下がってきているので、一日のPVも200程度に落ちてきています。これに頼らず新しいエース記事を作らなければいけません。

2位:「天皇賞・秋2017の予想記事」(ジャンル:競馬の予想)

天皇賞・秋2017予想 血統面からも各馬を分析

このブログでも競馬の予想記事のアクセスが伸びないよ~(涙)と騒いでいましたが、ゴリゴリに長い記事を書いたり、記事を早めに投稿するなどして狙ってアクセスを取りに行きました。結果的には「天皇賞・秋2017 予想」というキーワードでは序盤の20位台から最終的には60位前後まで落ちて行ったようですが、まだこのブログは「レース名 血統」や「種牡馬名」単体のキーワードで強さを発揮しているのでそちらでアクセスを集めた印象があります。

この記事に関してはレースの週しかアクセスが伸びない使い捨て記事なので、あとはいかに血統や種牡馬の記事のブーストにするか、この辺は腕の見せ所ですね。ただ、競馬記事は徐々に競馬特化ブログ「ウマナミ」に移行させていくので、今後はあまり使えませんね。

3位:「BORUTO」の記事(ジャンル:マンガ)

「NARURO(ナルト)」の後継マンガ「BORUTO(ボルト)」がどうも微妙な件

こちらは8月末に投稿して一日で9,000PV近くを稼いでくれた(おそらく何らかのアプリ経由)記事ですが、その後はちょこちょこアクセスを稼いでくれており2,000‘程度のアクセスがありました。分母が大きい人気マンガなので、リライトして順位を上げ、アクセスをさらに狙うということもできます。

4位:「会長 島耕作」の記事(ジャンル:マンガ)

「会長島耕作」はもう見てられない:愛するが故に言わせてもらう終了すべきマンガ(1)

この記事は先月1,800程度のアクセスでしたが、実はかなりの可能性を秘めている記事になります。

というのもこの記事自体は3月ごろに投稿した記事で最初はアクセスがほとんどなかったんですが、マンガ、特に講談社系記事の順位上昇につられる(ある程度は計算してはいましたが)形で検索エンジンから評価され、アクセスが増えていきました。(もうすぐ単体での累計PVは1万を越えます。)

今は「島耕作」というビッグワードでも結構な順位で来るので、気たるべき最終回などに備えてアクセス祭りの準備をしておきたいと思います。この記事は実は結構ちょこちょこリライトしていたりします。

5位:「セーラーエース」打ち切りに関する記事(ジャンル:マンガ)

「セーラーエース」打ち切りで週刊ヤングマガジンもいよいよ終了

かつてのエース記事でありブログ内でも最大の26,000近いアクセスを誇るトップ記事ですが、やはり連載終了していることやすでに話題が1位の「MF GHOAST」にシフトしていることなどから、キーワードとしてのトレンドからはずれています。

それでも10月は1,700近いアクセスがあったのはさすがですが、もう一個ぐらい作者の「しげの秀一」さん関連のネタでもぶっこんで、この作者に対する権威性では盤石の地位を築いておこうと画策中です。

恐らくですが、車関連の記事も投稿を続けていけば、結構いけるキーワードなんじゃないかと思ってたりします。

 

以上が10月の結果報告でしたがこのブログのアクセスは相変わらず一日50行かないぐらいで、アドセンスの収入も弁当一個分ぐらいでした。

ただNEWS73のクリック単価20円切っているのに対して、このブログは60円近いのでやっぱりジャンルって大切だなと思いますね。


スポンサーサイト

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)