SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

上位表示されない時に確認すべき5つのこと

ホームページやブログを作った次の段階としてサイトをいかに上位表示されるかというのがテーマとなりますが、業者などに任せきりにしてなければ、普通はみなさんSEO対策のことについて色々調べて努力はされていると思います。

今回はSEO対策しているはずなのになぜかちっとも上位表示されない。その理由や調べる方法を書いていきたいと思います。


webマスターツールへの登録など最低限のことは行えているか?

まず大前提としてやっていかないこととして、ランキングサイトやディレクトリサイトへの登録の前に、最低限の作業として、WEBマスターツールへの登録などがあります。前々から口ずっぱく行っていますが、検索エンジンがすべての大元ですので、登録していない場合はまずここから始めましょう。

  • GoogleとBing(Microsoft)のそれぞれにサイトのURLを登録しているか。
  • 併せてsitemap.xmlの登録は行っておりさらに認識されているか。
  • GoogleのWEBマスターツールの場合ターゲット国は日本に設定されているか。

上の3つは必ず行ってもらいたいことですが、重要なことは登録されていることではなく認識されているかということです。このあたりは登録して一日経てば分かりますので、管理画面などで確認してください。

サイト名で検索

とりあえずウェブマスターツールへの登録など最低限のことはした。でも検索にHITしない。そんな時はまずサイト名をそのまま検索エンジンで検索してみてください。1位に来ますか?ここですでに1位に来ているようなら、ほぼ基本的な部分は完了しています。

 

もし、サイト名で検索して1位に来ない場合、次にサイト名を

“(サイト名)”

のようにダブルクォーテーションで囲って検索してみてください。ダブルクォーテーションで囲むことによりテキストと完全一致するサイト名や文章しか表示されませんので、よりハッキリと状況が分かります。

ここで全くHITしないようであれば、検索エンジンへの登録がうまくいっていない、まだ完了していないのでもう少し時間が必要であることが考えられます。

記事名で検索する

ダブルクォーテーションで括ってサイト名で検索すると1ページ目に表示されれば、検索エンジンにはとりあえず認識はされています。となると次は各記事が検索対象になっているかということです。次の段階として何でもいいので記事名をそのまま検索エンジンで検索してみてください。(できれば同名の記事がなさそうなものがいいです。)

そのままとダブルクォーテーション両方の順番で検索してほしいのですが、全くHITしないのであれば、検索エンジンにその記事がインデックスされていないということになりますので、Fech as Googleなどで検索エンジンを呼びこんでください。

Fetch as Googleで検索エンジンに速攻登録

HITするけどダブルクォーテーション1位に表示されないようであれば、記事の中身に問題があると思います。記事が短すぎたリ、他に類似するような記事が存在するような理由が考えられますので、リライトしてください。

複数のキーワードを組み合わせて検索

最後の段階としてキーワードでの検索です。できればタイトルに含まれるキーワード2つで検索(ダブルクォーテーションでは括らないでください)してみてください。ここで1位にくるようなら、ほぼ対策は完ぺきです。問題はありませんが、まぁ無理でしょう。

記事タイトルで検索してHITしても、キーワードで5、6ページ以内に表示されない場合はまだドメインオーソリティなどが低いケースが考えられますので、もしかしたらサイトを作って1か月程度しか経っていない。記事数が少ないということが考えられますので、その場合はとりあえず記事やページを増やしてサイトの充実を図ってください。

次にHITはするが上位でない場合、ライバルサイトがどういうサイトで自分のサイトとどう違うかという分析が重要となります。とにかく1ページ目に表示されているページと自分のページがどう違うかこの分析を行って、できればそこに近づけるようにします。近づく方法として

  • 記事に画像を入れる
  • 短い文章ではなくなるべく文字数を増やす(多すぎてダメということは全くありません)。
  • 自分のサイト内の別ページから対象ページなどを関連記事としてリンクさせ内部的なつながりを持たせる
  • metaタグをうまく使えているか。(最近このmetaタグの中身は重要ではないと言われていますが、全く軽視していいものではありません。よく見たら空っぽだったということもあるので、少しでもライバルサイトと同じ状態になることが重要です。)
  • 見出しや強調タグ、構造化マークアップなど検索エンジンに分かりやすい内容で記述されているか見直す。

以上ざっと浮かんだところが上のようなことなのですが、ライバルサイトに少しでも近づくことを目指してください。サイトができてまだあまり時間が経っていない場合はすぐに効果は現れませんが、ある程度の時間がたって、ドメインそのものが認識され始めると、記事の評価が爆上げされて一気に上位にくることもありますので、最低限の準備だけは行っておきましょう。


インデックス状況を調べる

最後はおまけですが、

site:サイトのURL

これで検索を行ってみてください。

ここで何が知りたいかというと、どのページが検索エンジンに評価されているということです。人によって上位に持ってきたいページがあると思いますので、プロフィールページなどどうでもいいページが上に来ているようであれば、内部リンクの数を減らすなど方法はあると思いますので、この自分のサイト内での記事別の順位も参考にしてみるといいでしょう。

 

以上、最近ネタに困っていましたが、思い付きでササっと御託を並べてみました(笑)ちょっと変わった検索方法など意外と知らない方もいるので参考にしていただければと思います。


スポンサーサイト

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)