SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

Throws SPAM Awayでスパムコメントをブロック:wordpressプラグイン

地味に鬱陶しいスパムコメント(コメントスパム)

そもそもコメントスパムとは、ブログのコメント欄などに意味不明な内容のコメントや、フィッシングサイトへ誘導するようなスパムを指し、スパムコメントなどとも呼ばれますが、まずそのほとんどが海外サーバーなどからのプログラムによる自動投稿になります。

特にwordpressなんかのフリー(無料)CMSなんかは沢山の人や企業が使ってますので、プログラムとしては狙いやすく、一旦こちらの存在(サイト)を知られると定期的にコメントを投稿してくるんですが、その頻度がそんなに激しいわけでもなく適度に間を空けて送ってくるので、最初はそんなに気にはならないんですけど、発信先を横流ししているのか最初は1パターンだけだった投稿が、全く別の亜種が現れ始めてくると段々と放置しておくわけにはいかなくんるわけですよね。

このサイトも一週間で5件程度だったのが、別系統の亜種がチラホラ現れ始めて倍になってきたので、そろそろ対策することにしました。



とりあえずwordpressのプラグインでブロックしてみる

方法としてはおそらくサーバー側でhtaccessなどでIP制限をかけたり、僕がこのデータをのっけているロリポップのサービスなんかでもコントロールは可能なんでしょうが、イタチごっこ(海外からのアクセスをブロックしても日本経由にされる)になってもしょうがないので、今回はどうせ簡単にできるであろうwordpressのプラグインで対応することにしました。

調べてみると「Throws SPAM Away」というプラグインが評判がよさそうだったのでこいつを導入するためにインストールしてみると、管理画面では以下のようなメニューが出てきます。

メニューはすべては表示しているわけではありませんが、肝はやっぱり最初の項目でしょうね。

普通のブラウザ上では表示されないダミー項目でほぼすべての判別が行われていると言っても過言ではないでしょう。
このスパム対応の項目に関してもイタチごっこなんでしょうが、他の項目はほぼ気休め程度でしょうね。

しばらく使ってみた感想

無事スパムコメントは0になりました。

いずれ対応済みのあらてのコメントスパムは現れるのでしょうが、しばらくはこいつで大丈夫でしょう。

このプラグインの対応としては実際のところブロックというより、投稿してもスルー(管理者に通知されない)しているようなので、発信元のサーバーは今もあくせくと仕事をしているのでしょうね(笑)


スポンサーサイト

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)