SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

最終更新日を表示させる方法:wordpress

wordpress用関数(テンプレートタグ)get_the_modified_date

このサイトは現況サイトのボリュームを増やすのを最大のテーマに置いているため、デザインやサイト内での情報の探しやすさは後回しにしているのですが、そのため一旦投稿記事でページを作ったあと、固定ページなどでまとめたり、固定ページの内容を追加修正・校正するという形をとっています。

そうすると、初めてこのサイトに訪れた人にとっては、ただでさえまとまりのない構成になっているのにさらに分かりにくい状況を作り出しているということで、今回は投稿日しか表示されていなかったものに、最終更新日も表示させるように変更しました、

 

内容としてはそんなに難しくないのでささっとメモ書きです。


 

修正内容

変更前は 投稿日:20xx年x月x日 の形として表示
ソースは

投稿日:<?php the_time( 'Y年 n月 j日' ); ?>

となっています(関連記事:投稿日の表示方法の変更

 

これを投稿日と更新日が別の日である(という条件の)場合
投稿日:20xx年x月x日 更新日:20xx年x月x日 と表示されるように変更します

投稿日:<?php the_time( 'Y年 n月 j日' );?> 
<?php if (get_the_modified_date('Y年n月j日') != get_the_time('Y年n月j日')) : ?> 
最終更新日: <?php the_modified_date('Y年 n月 j日') ?> <?php endif; ?>

※見やすくするために適度に改行しています。

 

簡単に解説しますと
投稿日と更新日をただ表示するだけなら the_modified_date()というwordpressの関数を追加してやれば簡単に表示されますが、ポイントは最初のifの部分で、翻訳すると(笑)

 

もしこの記事の更新日が投稿日と違う(それぞれの値をgetしてきて一致しない)場合、最終更新日を表示( the_modified_date(‘Y年 n月 j日’) )してください

 

という内容になっています

 

 

どちらかというとwordpressのカスタマイズの中ではwordpress用の関数を呼び出してただ表示するだけの内容です。、特に奥まった変なファイルをいじる必要もありませんので、場所に応じてindex.php(トップページ) やpage.php(固定ページ)、single.php(投稿ページ)で表示方法を変えるといいでしょう。

このサイトはトップページはキーワード出現率も考えてトップページなどの一覧表示されるページは「」の出現率が高くなるので投稿日のみ。投稿ページについては更新日も追加表示、固定ページは元々登校日の表示がなかったものを「このページはまだまだ完成じゃありませんぜぇ」のアピールのために両方表示するように変更しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)