SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

Display Widgetsでウィジェットをお手軽条件分岐:wordpressプラグイン

目的は内部リンクの調整

今回は前回も記事にしましたが、内部リンクの調整目的で、重要でないページなくせに一番のリンク数を誇っていたプロフィールページを、トップメニューからサイドバーのほうに移したものの、現況サイドバーはすべて共通のものが表示されていたので、それをカスタマイズすることにしました。

ウェブマスターツールで見る限り、内部リンクで一番のリンクを集めているのが実はトップページではなく、プロフィールページなんですが、どうしてこうなった(笑)



サイドバーはウィジェットで管理されている

現在このサイトで使われているテーマはwpbootというブログタイプというシンプルなものなんですが、サイドバーに関しては簡単な条件分岐で管理されています。

ざっと説明すると

ウィジェットでprimaryというものでないなら以下のものを表記しないさい

という内容でいたってシンプルなんですが、現況このテーマではウィジェットは一種類のみしか設定できないし、各テンプレートページもサイドバーテンプレートも同じものを読み込むようになっているんですよね。

ここはサイドバーの管理がされているsidebar.phpでテンプレートごとに条件分岐させるのも一つの手ではあるんですが、今回の目的からするとそこまで手を入れたくない。

 

ということでググってみるとDisplay Widgetsというプラグインを発見。試してみることにしました。

控え目で有能な男Display Widgets

いきなりの結論ですが、コレですコレ

まさしく求めていたことはコレでした

widgets

 

Display Widgetsをインストールしてみると分かりますが、大体プラグインをインストールすると、wordpressの管理画面の左メニューの設定のところで、プラグインの管理を行いますが、このプラグインはでませんのでご注意ください。

しかもプラグインメニューのところにもDisplay Widgets とは表示されずに、なぜか”ウイジェットを表示”としか出ませんので、初めてインストールしてみると???となります。

 

で、なにが変わるかというと上記の画像のようにウィジェットのメニューを開いた際、赤線で囲んだ部分が追加表示されるようになります。

このプラグインにより、例えば今回すべてのページに表示させたくなかったプロフィール欄などを、特定のテンプレートやページで非表示するなどの管理が行うようにできます。

また、woedpressの管理権限ごとに非表示の管理も行うようにできますので、複数でサイトを管理している場合は役にたつことでしょう。

 

初めて使ったプラグインですが、非常にシンプルなものの、かゆいところに手が届く優秀なプラグインです。これで微妙に面倒な条件分岐もおさらばですね。初心者の方にも安心してオススメします。


スポンサーサイト

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)