SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

サイトマップ(sitemap.xml)を自動的に作成・生成する方法

CMSなどを使っていない場合、htmlでホームページを作っている場合サイトマップをどうするか

みなさんこんばんは

 

最近7年近く眠らせていた、昔勉強がてらに作ってたホームページのサーバーサービスに久しぶりにログインすることができたのは、以前の記事でちょっと書いたとおりなのですが、実はこのサイトはサーバーのサービスの都合上wordpressに乗せようとすると、元々のドメインをあきらめない(ドメインの歴史もあるので捨てるのももったいない)といけないため、アクティブなサイトとしてあまり意味はないものの外部リンク用に復活させることにしたんです。

 

で、このサイトを作ってた当時は僕ももちろん素人も素人(笑)

レイアウトはいっちょ前にリキッドデザインにしてたので思ったほどくれずれてないものの、若干タグの使い方に無駄があったり、SEO的に現在のアカウントと結びつけらてないため、20ページほどはインデックスされているものの、ボリュームとサイトの歴史を考えると倍ぐらいインデックスされててもいいので、手始めに、こいつの2016年バージョンのわたくしが2007年バージョンのサイトにSEOをかけてやることにしました。

 

で、とりあえずウェブマスターツールへの登録などを行い一通り確認したあと一つの問題が発生

 

70数ページにもおよぶhtmlファイルでできたサイト(ホームページ)のサイトマップどうすんべ?

(まさか手作業では無理だべさ)

 

ということで、いまどきそれぐらいのサイトあるだろうということで調べたらすぐ見つかりました

 

URL入れてポーンで出来上がり

https://www.xml-sitemaps.com/

 

案の定ありましたが、超簡単。

 

2005年からある海外のサイトのようですが、赤線で囲ったところにURLを入力して、下のほうにある「Startボタン」をクリックすると20秒ほどでサイトマップが出来上がり!

ページが500を超えると有料のようですが、とりあえず今のわたくしにはぴったりのサービスです。おそらく現代ではほぼレンタルサーバーやブログのサービスが至れり尽くせりなのでこのサイトもあまり需要もなくなってきているのでしょうが、素晴らしいサービスですね。

 

まだウェブサイト(ホームページ)の勉強をしていてhtmlでサイトを作っている方やサーバーのサービス上phpCMSが使えない方、ブログを使っているがサイトマップの場所が分からない、そのようなサービスがあるかどうかも分からない方はぜひとも試してみてサイトマップ(sitemap.xml)を生成してウェブマスターツールに登録してみるといいでしょう。

 

今までsitemap.xmlをウェブマスターツールに登録してなかったサイトは、サイトマップ一つで恐らく劇的に状況は変わります。

また他にも似たようなサービスもありますので、今回紹介はしませんが検索して探してみるといいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)