SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

スポンサーリンク

WPBootカスタマイズ:wordpressテーマ

概要

このテーマの特徴は一言でいうとファイル構成のシンプルさでしょうか。最近ではwordpressのインストール時に入っているデフォルトのテーマでさえ複雑化しており、ちょっとした修正を行うにしてもどこを触ったらいいか探すのさえ一苦労です。

それに対して、このWPBootというテーマはほぼ基本的なファイルのみでできており余計なプラグインも入っていないため、プラグイン同士がぶつかる心配もなく、ある程度wordpressを触ったことある方にはカスタマイズもしやすくおススメのテーマです。また逆に初心者の方にも書籍などで出版されているwordpressのカスタマイズ本のファイル構成に近いと思いますので入門編としても向いているかもしれません。



メリット

ブログスタイルのサイトには絶好のテーマです。ファイルが複雑化していないため、カスタマイズする場所も比較的簡単に見つかります。デフォルトでプラグインがほとんど入っていないため、様々なプラグインとの親和性も高いと思われます。

デメリット

シンプルすぎるゆえのデザイン性の低さとカスタマイズの必要性でしょうか。比較的知識のない方には何もついていないため色々触らなければいけない場所も多く、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

海外で作られたテーマであるため、解説している日本語のサイトがほぼ皆無です。カスタマイズ方法を検索して調べるということがほぼできません。

デフォルトのファイル構成

テンプレートファイル

基本的にはヘッダー読み込む→個別の記述→サイドバー読み込む→footer読み込むというシンプルな構成になっています。

  • index.php・・・トップページテンプレート。デフォルトでは投稿ページを一覧表示させる設定になっています。
  • page.php・・・固定ページ
  • single.php・・・投稿ページ
  • archive.php・・・一覧ページ
  • seach.php・・・検索結果ページ。構成そのものはarchiveページと似ていますが、検索したキーワードに対し、投稿ページだけでなく固定ページも一覧表示します。
  • 404.php・・・404ページ

パーツ系ファイル

  • header.php・・・htmlの先頭部分から表示されるヘッダー部分(本文の直前)までここに記述されています。プラグインなどがからむwpheaderはここでは編集できません。
  • footer.php・・・フッター部分共通パーツ。ここは大したこと書かれていません。フッター部分にメニューなどを差し込む場合も管理画面上から行うことができます。
  • sidebar.php・・・サイド部分共通。基本的な内容は管理画面からウィジェットの編集などで行えます。
  • comments.php・・・コメント部分の共通パーツ。

その他

  • function.php・・・各パーツの表示数の変更や文言の変更はこのファイルで行います。
  • class-tgm-plugin-activation.php
  • style.css・・・根幹的なスタイルシートのファイルです。独自に表示方法などの変更を行いたい場合はCSSフォルダに独自のCSSを作成してheader.php内のmeta情報の最後に独自のCSSを読み込む形にすれば、このスタイルシートの記述の上書きがほぼできます。

フォルダ

  • cssフォルダ
  • javascriptフォルダ
  • fontフォルダ

WPBoot対策に関する投稿記事

※最新のものから最大10件表示しています

“wpboot”に関する投稿をすべて見る