SEO対策、WEBサイト(ホームページ)の作り方、そして時々柴犬と愛媛県

ホームページ制作会社に依頼する際に気をつけるべきこと(会社・店舗向け)

多数の看板

前回の記事(ハッキング被害拡大中 WordPressに脆弱性)で久々に昔話やホームページ制作会社が一時あたふたしたということを書きましたが、今回はそれに少し関連してホームページ制作会社に依頼するクライアント側、主に会社や店舗の人が依頼することがほとんどだと思いますが、実際にホームページ制作会社に頼む際に気をつけることなんかを書きたいと思います。

最近は初期費用5万円を切る価格で作ってくれる制作会社なんかもあると思いますが、時には数十万円、ちょっとしたボリュームのあるサイトの場合は軽く百万円を超えたりします。

せっかく払ったお金を無駄にしないためにも、費用対効果の高いやり方や心構えを書きますので参考にしていただければと思います。


 

そもそもホームページはなぜ必要なのか

僕の場合元々WEBディレクターなんかをしてた時期もありますが、時にはホームページの飛び込み営業でお店や会社なんかにいきなり飛び込んで”ホームページを作りませんかと”やってた時期もありますが、どういった答えが返ってくるかというと

  • すでに独自のホームページやブログがある
  • ホームページはあるというが調べてみるとぐるナビなんかの店舗ページ
  • 作っても費用対効果がないのでいらない、今はそちらにお金をまわせない
  • 忙しくなるとこまる・更新が面倒くさいのでいらいない

一番下の忙しくなると困るのでいらないというのは少数ですが意外といまして、僕の小学生からの付き合いのある悪友?の司法書士や同級生の弁護士など口コミでどんどんお客さんがくるような職種の人が言ってる(ほざいてる)わけですが、すでにホームページやブログを持っている会社や店舗がある程度いるものの全体をとおして考えると体感的に半数以上がホームページやブログを持っていないような気がしますね。

え、こんな時代に嘘でしょ?と感じるかもしれませんが、世の中は新しいお店や店舗がどんどん出店しますし、例えば水道屋さんとか大工さんを考えてみてください。ほとんどホームページはおろかブログさえありません。

こういったどちらかというと現場系の職業の場合、働いている人もほとんどがスマートフォンを使っていてインターネットが身近にある生活をしているにも関わらず、自分ところのホームページがいまだにないことも多いんですよね。

ネット用語的には情弱の人たちがこの部類に入るかと思いますが、ホームページは時には電話帳であったり看板、はたまたパンフレットの役目を果たしてくれることをなぜか理解していませんね。

最初の画像にあるようにインターネットの中身をこういう状態だと考えると、たくさん看板(ホームページ)が並んでいる町中の中にお店(や会社)を新規出店して売り上げを上げたい!と活き込んでいるものの、看板はない・・・

そりゃお客さんこないですよね。

あと、看板をつけていても表通りについていない(誰の目にもついていない)ということがSEO対策ができていないということになります。常々SEO対策のことをこのサイトで言っているのは看板目立つ場所に掲げる方法を述べているだけなんですよね。

ま、このサイトを見ているような変わった人たちには当たり前の内容なんですけどね。

 

ホームページを使って何がしたいのか

しょうもない前置きはこの辺にして、いざホームページの制作を依頼するにあたって、まずはっきりとさせとかないといけないことは、ホームページを作ってあなたの会社やお店は具体的にどうしたいか?ということですよね。

これについても当たり前のことじゃないかと感じる方も多いと思いますが、はっきり言ってこの部分がほとんどのクライアントに抜け落ちているような気がしますね。

よくあるのが

 

お店ができた→じゃぁ、とりあえずホームページ作ろう→新着情報とお店の概要とかを載せとこう

 

と、なりますよね

で、打ち合わせなんかを終えていざ取り掛かり始めると、商品やメニューをもっと載せたい、写真を一杯入れたい、もっとカッコいいデザインにしたいとか、最初の打ち合わせからどんどん離れていったりして、時間と手間ばかりがかかって、費用対効果の薄いホームページができあがったりしますよね。

有能なWEBディレクターだったら全力で止めるし、こういったことは最初に念を押しときますけど、実際は言えない人のほうが多いですけど・・・。

ということでホームページを制作する上で下の3つのうちどれかというぐらいは、はっきりさせとくことをオススメします。

検索に対する受け皿

ホームページは最低限必要ということで電話帳代わりとしてのホームページ。予算がないならよく聞いたことのある無料のブログサービスを使って用意することもできますね。最悪なのはエンドユーザーが業種で検索してまったくHITしないことはさけなければいけません。

行ったことある店なんだけど営業時間調べようとしたら、インターネットに載っていない、じゃあ他の店調べてそっち行くか、ということもありますよね。

なるべくお金をかけたくない場合は別に住所と名前と電話番号、営業時間がのっているだけのホームページでも構わないと思います。この目的だと要は検索してもHITしないことが一番の罪ですから。

だから常々この目的の場合、僕はデザインは後回しでいいと言っているわけです。

リクルートなど会社やお店のイメージアップ・ブランディング

上に書いた目的の次のステップになりますよね。この段階になってくると誰に見てもらうかを意識し、はっきりさせておくことが重要になってきますね。新規のユーザーがほしいのか、既存のお客さんへのつなぎなのか、はたまたエンドユーザーではなく企業向けなのかなど、色々考えられますよね。

例えば美容室なんかを例にとると、新規のお客さんがほしいのならその場合はやはりデザイン性を重視して、とりあえず行ってみたいと思わせるようにしたり、あえて美容師のパーソナルな部分をクローズアップしてみるとか、一度行ってみようかなという演出がいりますよね。

また、新規のお客さんよりも既存のお客さんの囲い込みをするならブログを併設しての情報発信やイベント告知、SNSなんかを絡めてお客さんとの話のネタを作る材料を用意するやりかたもありますよね。

一番いいのは両方やることなんですが、予算もありますし、どっちつかずになるのもこまります。肝心なのは制作を頼んだほうがどの目的でそのホームページを用意したかということをよく理解しておくということですね。

売り上げを上げる(商品を売る)

ハッキリ言ってここが一番難しいですね。どのクライアントも最終目標はここなのはよくわかっていますが、ここはホームページ制作会社に期待してはいけません。

なぜなら、ここまでくるとですね、経営コンサルタントとしての素養が必要になってしまうからです。

例えば実際にある雑貨屋のネットショップ作りました→SEO対策もかけて検索にもHITします→でも売り上げが上がらないから維持するだけ大赤字というケースもあります。

原因は売れ筋の商品がうまくクローズアップされなかったり、実際の店舗在庫の兼ね合いがあるとか、商品を登録するだけで時間と手間がいるので人員が必要になってくる、そうなってくるととりあえず楽天市場なりに出店して認知してもらってから単独のネットショップにしていくほうが確実ですよね。

こういったホームページを作る=売上上がる、と言った途中のプロセスすっ飛んでる人多いと思います。


 

ホームページ制作会社はあなたの会社のことを新入社員以上に知らない

さてさてここからが肝中の肝です。

 

あなたは入ったばかりの新入社員に会社のパンフレットづくりをまかせますか?

 

当然答えはNOですよね。

入ったばかりの新入社員がその会社のことなんか分かっていないのにまかせられませんよね。ではホームページ制作会社の人はあなたの会社のことを分かっていますか?

もっとNOですよね

よくその辺のホームページ制作会社に依頼すると、とりあえずパンフレットとか下さいとか、何載せたいですか?と聞いてくると思いますが、あとは大体のケースとしてそれだけで数日後制作会社はワイヤーフレームやデザインでおこしてきたりしますよね。

大体のケースとして制作会社は同業の似たようなサイトを焼き直し(デザインを変える)してきますが、果たしてそれでライバル会社との差別化を図ることができますかね?

だから制作会社との打ち合わせの際は自分とこの会社やお店の強みは何で、こういった営業展開をしていて、どういったターゲットのお客さんを狙っているかなど、ハッキリと伝えて理解してもらうことが重要です。それこそ新入社員を教育するぐらいのつもりで打ち合わせに臨むことが重要になってきます。

一番最悪なのが

 

全部お任せします

 

僕的には任せられているようでいて責任を放棄しているのでこういったお客さんが一番怖いです。

 

一度決まったらあとは任せる

上に書いたようなことを意識して打ち合わせに臨んで決まったあとは、もう口出しはしてはいけませんね。

バナーとかのデザインをちょっと変えたいとか、色合いを変えたいとかそんなことも、公開してからでも全然いいわけです。デザインは後から何とでもなりますし、ちょっとぐらい見直したぐらいでさほど大勢に影響はありません。

あと、こういったページを追加したいとか、このメニューを追加したいとか、こういうのはもう絶対だめです。こういったケースはほぼお客さんの思い付きなことが多いですね。最初に決めたターゲットの客層やサイトコンセプトなど、こういった人は絶対ソコがすっとんでいます。

あと中身は変えたくない理由としては作る側としてもお客さんの動線なんかを想定したり内部リンクを考えてメニューを並べていることもあります。例えば、これを住宅の建築に置き換えた場合、棟上げなどが終わった後に、やっぱり平屋にしたいとか、キッチンを通常タイプからアイランドキッチンに変えたいとか言われても、どうしようもありませんよね。そりゃ困りますとなります。

 

だから打ち合わせが終わった段階ではすでに勝負が終わっているわけです。出来上がって公開するまでは、色々おもいついてもぐっとこらえてください。

 

以上少し長くなりすぎて抽象的な内容も多くわかりにくいかもしれませんが、僕が一番言いたいのは、ホームページを作って、誰に向けて、どういった情報を発信(商品を売りたいのかイメージを売りたいのか)、そのイメージをホームページの制作担当者に理解してもらうことです。

それを伝えたうえで、商品や会社のことを質問してこないような担当者はダメだと思います。先ほども述べたように教えて何も聞いてこないような新入社員ダメですよね。また、打ち合わせ途中でワイヤーフレームやデザインが出来上がってそれについて打ち合わせすると思いますが、そこでどんどん質問することも重要です。

例えばこのメニューは何のためにここにあるのかとか、バナーの位置はこっちじゃダメなのか?

それを聞いてアワワワとかなるような担当者だと何も考えていないということです。僕なんかがWEBディレクターやってた頃は、相手がかなり大きなこともあって、このメニューは何でこうなんだとか、何でこの数なんだとか、このバナーの意味はとか当時の社長(前に出てきたのとは別の人)に徹底的にしごかれましたね。

おかげで理論武装は完ぺきでお客さんに少々のことじゃ論破されません(笑)が、まぁあまりいじめ過ぎない程度に質問は必ずするようにしましょう。

 

 


タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)